社長ブログ

2019.07.14

社長ブログ

次世代アパレル企業の店舗が原宿にオープン

次世代アパレル企業の店舗が原宿にオープン

アパレル経営者仲間のホープインターナショナルワークス 高村社長が原宿に「次世代のお直し屋」Salon du reDESIGN Closet.net をオープンさせました。

7/13 原宿店OPEN!

 

簡単に言うと、着れなくなった素材の良い洋服や(譲り受けたブランド品など)、思い入れのある洋服を自分に合う形、デザインにカスタムして商品にしてくれるお店です。

店内には工業用ミシンや最先端の設備を用意した工房の様になっています。


カスタムしたい商品を持ち込んで店員さんと打ち合わせして、自分の要望する形やデザイン(色々な柄や素材の生地を当て込む事も可能)に仕上げてもらいます。

また店頭入り口にはコーヒーやアイスも販売されていて待ち時間も癒されます。

今のアパレル業界は低価格化が進み、大量生産が繰り返されている状況で商業集積地である駅ビルやショップモールに行けば大量のセール品の嵐
その値下げ品や低価格商品もそれなり満足出来る商品の完成度 

同じアパレル業界として簡単に物を売れる時代ではないと痛感しています。

このままこのような状況は続かない。。。いや続けられない。。。

そんな中、高村社長は思い出の商品や捨てなくても良い高素材の洋服をリメイクして、それを更に自分の完全オリジナルにカスタム出来る事業を生み出しました。
衣料品は大量生産ゆえ大量廃棄など環境問題も指摘されています。またデザインも似たものが多くこれだけ豊かに何でも物が手に入りやすくなれば自分だけのオリジナルが欲しくなります。

高村社長に原宿のオープンセレモニーに招待され率直に感じた事はこれからの時代に革新的な事業になるのではということ。廃棄されてもおかしくない商品を可愛いデザインに生まれ変わって再利用されて自分だけのオリジナルになる事業って素晴らしいと思う。
自分も頑張ってお金貯めて買った思い入れがある捨てきれなかった服を今風にカスタムしてもらって、自分だけのオリジナル服が欲しいと思いました。
また店頭にディスプレイされていたメンズシャツをレディースサイズに変更し背中にレース素材を切替に使っていた可愛い商品もありました。
メンズのシャツがレース切り替えの可愛いシャツにカスタム出来るって物凄くワクワクする。オリジナリティ感が素晴らしいと感じました。

高村社長は私達と同じようにOEMメーカーから会社を立ち上げて事業をされていますが、常識にとらわれずに未来に必要な事業は何かと考えてチャレンジしています。

自分も今出来る事だけを考えるのではなく、これから何が世の中の役に立つか、何がワクワクするか考えた事を考えた仕事をしようと思いました。

高村社長ありがとうございます!

ページ最上部へ